タカハシコウスケ書き下ろし楽曲が劇中挿入歌に起用!

2017年2月に公開になる映画「天使のいる図書館」の劇中挿入歌に、
タカハシコウスケ書き下ろし楽曲「スパティフィラムの詩(うた)」が起用される事となりました。

「天使のいる図書館」(2017年2月11日~奈良先行上映。2017年2月18日~順次各エリア上映)
「天使のいる図書館」オフィシャルウェブサイト
主演は小芝風花さんが、そして、森本レオさん、香川京子さん、内場勝則さん、横浜流星さんらが脇を固める、
奈良県は葛城エリアを舞台にした、心温まる作品です。

今回の劇場挿入歌はタカハシコウスケが作詞作曲を担当し、「タリナイオモイ」(映画「あしたになれば。」劇中挿入歌)「グッドチョイス!」(MXTV「ふるさとチョイスTV」ED曲)に続き、佐々木友里さんが歌唱を務めています。

是非、タカハシコウスケの新作を劇場にてチェックして下さい!